(映画)切符師

この映画を見たのは、確か10年くらい前、東広島映画祭だったかなぁ。
自動改札の中には、実は中にいちいち切符を確認する切符師という人が入っているという設定。
ところが時代はICカードの波が押し寄せてきている。
切符師の中には転職したり、中にはクビになる人もいる。
主人公もそういった波に不安を覚えながらも、まだIC化が進んでいない山形で切符師を続けることになる。

今は、漫画やコミック、小説、はたまたテレビドラマでヒットしたものの映画化ばかり。
こういったオリジナルの作品がめっきり少なくなってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です